車買取 big|ですが私のような素人には

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、そして次のクルマが楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、買い替えせずに所有台数を抑えてコストダウンを図るのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、つまり初回登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、多いわけでもありません。買い取り査定は2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ですが私のような素人にはこの車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちタブレット端末で、いろいろな項目に入力しデータ通信しています。査定額の結果は71万弱。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと苦笑いしていました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

車買取 big|豊かな日本において

珍しいクルマを売りに出したら、想像以上の価格で売ることができました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そのページの情報ではその予測に反した通りで、珍しいクルマは高く買い取ってくれやすいとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。それは海外輸出向けみたいですね。

今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣もその理由のようです。日本人の私は、日本の車は世界一と信頼を置いています。今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、もしかして海外で使って貰えるのかもと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろん国内で利用されるのであればうれしいですね。

車を売却する時は、そのクルマを手放す悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかやこの車を次に乗る人を思い浮かべる楽しさなどがあります。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っているのか、どんな場所で毎日いるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

海外か国内かもわかりませんが、何れにせよ思い出が蘇る気分です。車を売り渡すときには中古車を買いたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。

豊かな日本において、これからもまだ使える車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.