車買取 近く|社長に聞いてみるので

これまで使っていた自動車を手放す日はいつか来ます。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた軽自動車を売却することになり、買い替えせずに所有台数を減らしてコストを減らそうというのが目的だったので、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。でも素人には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみたいなと思いました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノートパソコンを持ち出して、色々と入力しネット通信していました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他では70万以上の査定額だったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。それからしばらくして最初に査定をお願いした会社から、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

車買取 近く|複数の車を売りたい

珍しいクルマを売りに出したら、思わぬ価格で買ってもらえました。思っていたよりもかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気車種が高いものだと思っていました。ネットでチェックしたところ、そのページの情報ではその通りで、珍しい車は高値で買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く売れやすいとありました。ただそれは海外輸出向けみたいですね。

国産メーカーの自動車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、物を大事に扱うといったことも関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと言い切れます。

今回売却したクルマも国産の車ですが、この車も海外で使って貰えるのかもと思うとドキドキした気持ちになります。それが国内であっても利用されるのであればうれしいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れた車を失う悲しさもありますが、買い取り価格のことやこの車を次に乗る人を思い浮かべるのも好きです。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。

外国なのかもしれませんが、いづれにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときには複数の車を売りたいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。

日本では、これからもまだ使える車が必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.