車買取 コツ|査定してもらいました

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、遠方にある知り合いの中古車販売店にあったのです。

しかし、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、わずか半年で買い替えを考えました。職場の近くの中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても20万が上限とのことです。

私はこの車を半年前に約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、半年間で約50万も資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り業者に査定してもらいました。その結果、26万でしたので買い取ってもらうことができました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いないですし、大手で査定してもらわなければ、6万円低い額で売却するはめになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような感じではありませんでした。そういったこともあって、後日来られたときには輸送代を取られてしまいました。もし本気で売却したいのなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。今度利用する場合には、そういったことにも気を付けようと思います。

車買取 コツ|売れやすいと書いてありました

珍しいクルマを売りに出したら、かなりの高額で売ることができました。相場よりもかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そこの情報では予想に反して、珍車は高額になりやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、売れている自動車や人気のあるクルマが高く売れやすいとありました。それは国内ではなく海外に向けての話のようでした。

今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人が使用していたからもあり、丁寧に乗っているだろうということも影響しているようです。私の考えも、日本の車は世界レベル以上と信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、もしかすると海外で使って貰えるのかもしれないと思うと夢が膨らみます。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、乗ってきた車を失う悲しさもありますが、高く売れないかや次の運転手を想像する楽しさがあります。もしも可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな場所で毎日いるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、どこにせよ子供の旅立ちのような感じです。車を渡す時には中古車を買いたいとする次のオーナーもいて、欲しいと不要がバランスよくなっているんだなと思いました。平和な日本では、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.