車買取 アップル|走行距離はだいたい40000キロ

これまで使っていた自動車を手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目標だったので、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、よく走っているとは思いますが、平均的な走行距離です。自動車の査定は2業者にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。どなたでも車を買取ってもらうときには、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。でも素人には今の車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。先に来た買い取り専門店は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではとても難し額ですとバンザイされてしまいました。その後すぐに先に査定してくれたスタッフさんから、78万円でどうですかと連絡が来たので、OKを出しました。

車買取 アップル|バッチリと思っていましたが

この前初めて車査定サイトを活用して、10社と比較検討してみました。いつもは馴染みの業者に依頼しているので、高額で買い取りしてくれるものだと思い込んでいました。

実際のところは査定を複数もらって理解できましたが、いつもの買い取り業者は相場と同程度だったのです。そこよりも高い値段で引き取ってくれるお店はないと聞いていたので意外なものでした。相場より高値で売れればバッチリと思っていましたが、もっと高く売れることがわかったのです。今回売ることになった車なのですが相場は52万でしたが、比較査定をして最高額は70万円を提示してくれたのです。ソコソコの値段であれば満足できると怒っていたけど、よくよく考えれば相場とは高くも安くもない金額のことでした。

比較査定をして最高額となった業者は70万で、2位の買い取り業者は68万がいっぱいのようです。3番目は57万と、差があったので、第一位と二位の業者に出張見積もりをお願いしました。最高額の業者にそのまま頼まなかったのは、2社以上と比較しないと安く買いたたかれるかもと思ったからです。一括査定サイトでも、最低2社は呼んで比べると差がわかると書いてありました。

実際に来てもらってからの金額は、約70万相当としていた業者が62万と言ってきたのです。キズ・ヘコミが多いという理由でしたが、8万円も変わるとは思いませんでした。でも68万と提示していたところは、68万のままと優しく言ってくれました。結局当初は第二位だった業者が最高金額となったので、その業者に売却したのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.