車買取センター|手放すことになる日は必ず来ます

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ査定をしてもらいました。

新車で買ったので、49か月目ですから、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。自動車の査定は2業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。このような査定料は無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいですよね。ただ素人の私には乗っている車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していって送信していました。査定価格は71万でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それを伝えると本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。その直後に最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

車買取センター|準備周到で運転手2名で

私が住むエリアはかなり田舎で、中古車の買い取り専門でやっている業者がないのです。引き取りしてくれるのは、自動車ディーラーか中古車販売しているところです。

約5年ほど乗ったクルマを売った時には、地元のほうが手間がなくていいと考え査定見積もりしてもらいました。ですが、大事に乗ってきた車なのに約30万という査定額に悲しくなりました。そのため、ネットを使った無料査定サイトで試しに見積もってもらうことにしたところ、想像以上の高額で売ることができました。一括査定で査定を出張でしてもらうことになったのが、どこもテレビなどで見たことのある車買い取り業者でした。そうそう休めないので、午前と午後に分けて査定見積もりしてもらうことにしました。

午後からの業者さんは元気のある方で、この車種でこのボディカラーを探している人がいるので何とか売って欲しいとアピールしてくれました。気になる査定額は40万円と10万も増えましたので、その業者さんに引き取ってもらおうとすぐに決断しました。その方は準備周到で、運転手2名でやってきていたのでその場で手続きをして持っていきました。

遠くから来てもらってもと思っていたのですが、地元で手続きするより明らかに手間がかかりませんでした。メリットとしては、面倒な手続きはだいたいやってくれますし、比較して10万アップになったし、ネットの一括査定を使って本当に良かったと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.