車買い取り 現金|違いはありませんが

売却した車は昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を探していたところ、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。

しかし、喜んで乗っていたのですが、立て続けにトラブルが発生し、わずか半年で売ってしまうことになりました。職場の近くの車買い取り業者に査定を依頼したところ、よくて20万円にしかならないというのです。

私は半年前にその車を購入したとき70万円支払いました。この状況を端的に言えば、半年で50万円も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万でしたので買い取っていただきました。わずか2社の比較でしたが6万円の差がありました。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、大手で査定してもらわなければ、それ以上に安く売ってしまうことになったかもと思うとまだ助かったと言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような段取りはされていませんでした。ですので、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。もしもホントに売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも注意したいと思います。

車買い取り 現金|翌日別の会社の方が買い取り査定に来て

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。寂しい気持ちになり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らしてコストダウンを図るのが目的でしたから、クルマの買い取り専門店に見積もりをしてもらいました。

新車で購入しましたので、49か月目ですから、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。でも素人には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、ソフトに入力していって通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、かなり厳しい金額だとバンザイされてしまいました。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.