車買い取り ティーバイティー|最初の車検を通してから1年経過

今まで使わせてもらった車を手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、そして次のクルマが楽しみな気分でもあったりします。たまに使っていた自動車を売却することになり、買い替えせずに台数をへらして経費の節約を図るというのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に見積もり査定をお願いしました。

新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。このような査定料は無料でした。

車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。でも素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、色々と入力し通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。こちらの希望価格が80万だったので、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいとバンザイされてしまいました。その後すぐに最初の査定をしてくれた人から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

車買い取り ティーバイティー|手放すときの寂しさがありますが

珍しい車を買い取りに出したら、予想以上の高値で買ってもらえました。思っていたよりもかなり高値で買い取って貰えたのです。馴染みの深い車や人気の車が高値と思っていたのです。ネットで調べてみたところ、そこにある情報ではその通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。

日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人が乗っていたという事で、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと言い切れます。今回の車買い取りを依頼したのも国産の車ですが、もしかすると海外で活躍するのかもと思うとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。

車買い取りの際は、乗り慣れたマイカーを手放すときの寂しさがありますが、買い取り価格のことや次の運転手を妄想する楽しさもあります。もしかなうのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな所で普段待機しているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、何れにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとするお客さんもいて、欲しいと不要がバランスよくなっているのでしょう。

この日本において、これからも上質な車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.