車買い取り アップル|6万の価格差がありました

今回売ったクルマなのですが1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探していましたが、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。ところが、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、わずか半年で手放すことになりました。試しに自宅の近くにある自動車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万円が相場だそうです。

私は半年前にその車を70万円で購入しました。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り専門店に査定してもらいました。その結果、26万円で買い取ってもらうことになりました。2社の比較ですが6万の価格差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いないですし、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで売却することになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。

このまま買い取りしてもらうと思っていましたが、査定だけと思われていたようで、車を持って行く感じではありませんでした。ですので、後日来られる際に輸送料として減額されてしまいました。本当に売却するつもりならば、ハナから言っておくべきだと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも注意したいと思います。

車買い取り アップル|抵抗感もありました

今まで使っていた自動車を乗り換えることになりました。私はいつも買い替えの時はディーラーさんで下取りをしてもらうものだと思っていますが、世の中にはその他の方法もあるという事をその時知りました。それがクルマの買い取りです。

ただ初めての事だったので、抵抗感もありました。ネットでコツコツ調べながら、やっていきました。まずは口コミの良さそうな無料の一括査定サイトを決めることにし、このサイトを調べて、そこで見積もり依頼をしました。その概算査定結果を見て、どの業者に来てもらうかを決めることになりました。

これまで親父がクルマを買い替えている姿は見てきたので、どれくらいの交渉の後で引き取ってもらっているのかは判っています。私の乗っていた車の走行距離や年式車体の状態などから、実はそれほど高く査定してくれないと考えていましたが、実際は違っていました。思っているよりも遥かに査定金額になったのです。

もし下取りを選んでいたらどれくらいの値段が出されるか、ディーラーまで行って聞いてきました。その結果としては、買い取り業者の下の方と変わらない額でした。しかし多くはそれ以上の金額で買ってくれる業者もいましたので、その業者にお願いしたのです。

初めてだったけど、順番に一つずつ作業を進めて行った所、簡単に手続きなどを進められました。比較したので高く買ってもらう事ができたので、次の自動車を買い変える時の出費も減ったのでやってみよう行動して良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.