車売却 流れ|訪問見積もりを受けたほうがいいと

新型モデルの登場と同時に、所有している自動車を売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りしてもらおうと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、買い取り業者と比べると15万円以上も安い額になっています。

これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、初めて無料の一括査定サイトを活用してみて、その金額差に愕然としました。こういった現実を知った以上下取りはやらないことにして、買い取り専門業者に売却する話となりました。実際車買い取りサイトなどで差を見てみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。7社に査定してもらいましたが、30万円~76万円まで金額にバラつきがあったのです。一番高値の専門業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトでは2-3社には訪問見積もりを受けたほうがいいと書いてあったと思います。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、査定額がハッキリと判るからですね。ネット上でも概算額はわかりますが、目安でしかなく詳細は車によって異なります。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。

査定から売却手続きまでは1時間もあればとのことでしたから、土日など休みの日に査定してもらうことになりました。目視での査定の結果、ネットで表示された査定額2位の業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の金額を提示してくれたのです。サイト内では70万を下回る査定金額だったのですが、76万を提示してくれた業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。

車売却 流れ|妄想する楽しさもあります

珍しいクルマを買い取りに出したら、想像以上の価格で買い取ってくれました。思っていたよりも高額査定にはビックリです。みんなが知っている車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで調べたところ、そのページの情報ではその通りで、珍車は高額になりやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車種が高く売却できるとあったのです。それは国内ではなく海外向けとのことでした。

国産のクルマは海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、物を大事に扱うといったことも関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本の車は世界一と信頼を置いています。今回売却したクルマも国産の車ですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもしれないと思うと夢が膨らみます。もちろん国内で利用されるのであればうれしいですね。

車を売るときは、乗ってきた車を手放さないといけない寂しさもありますが、買い取り価格のことや次の乗り手を妄想する楽しさもあります。叶うならどなたに譲られたのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな所で普段待機しているのかなど、売却した先のことも考えるのです。外国なのかもしれませんが、何れにせよ可愛がっていた車なのです。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとするお客さんもいて、需要と供給がバランスよくなっているのでしょう。

豊かな日本において、これからもまだ使える車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.