車売却 注意点|軽自動車を手放す事になり

これまで使っていた自動車を手放すことになる日は必ず来ます。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに台数をへらして経費節減をするというのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

この車は新車で購入し、1回目の車検後1年経過、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年間で言えば1万くらいなので、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。車の買い取り見積もりは2社にお願いし、出張査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。ただ素人の私には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していって通信をしていたようです。査定結果は70万円でした。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると上司に相談するので帰ってから返事をするとのことです。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではとても難し額ですと苦笑いしていました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

車売却 注意点|減らしてしまったということになります

今回車買い取りをしてもらった車は昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売店にあったのです。

ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で売却することにしました。試しに自宅の近くにあるクルマ買い取り専門店に査定を依頼したところ、せいぜい相場以下の20万円らしいです。

この自動車は半年前に約70万で購入したのです。単純に計算すると、6カ月で50万円も減らしてしまったということになります。これは満足いくわけもないので、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらいました。査定をしてもらった結果、26万円までアップし買い取ってもらえました。地元と大手とでは6万もの差が出たのです。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円低い額で売ってしまうことになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。

この状態で持っていくと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような準備をしていませんでした。その為、後日来てくれた際には輸送費を引かれてしまいました。もしもホントに売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.