車売却 必要|来てもらって査定してもらいました

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、買い替えせずに所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目的だったので、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、年間1万キロ程度なので、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところにお願いしたいと思うでしょう。でも素人にはこの車の買い取り相場というのが分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみたいなと思いました。

最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってネット通信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、それを伝えると本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定をお願いした会社から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

車売却 必要|思い浮かべるのも好きです

珍しいクルマを買い取りに出したら、予想以上の高値で売ることができました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、みんなが知っているクルマや人気の車種が高く売れるとあったのです。但しその理由は海外に向けての話のようでした。

今日本の車は海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も影響しているようです。私は日本で生まれましたが、日本の車は世界一と思っています。

今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、これはもしかすると海外で使われるのかもと思うと夢が膨らみます。もちろん海外でなくても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車買い取りの際は、慣れ親しんだクルマを手放すときの寂しさがありますが、買い取り額がいくらになるのかやこの車を次に乗る人を思い浮かべるのも好きです。できるのなら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売った後も考えるのです。

外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ可愛がっていた車なのです。自動車を手放すときには中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、欲しいと不要がバランスよくなっているんだなと思いました。日本では、これからもまだ使える車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.