車売却 ディーラー|4万キロの走行距離で

長い年月使用した車を手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目標だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、つまり初回登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。誰でも車を売るとなれば、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。でも素人には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力しネット通信していました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

車売却 ディーラー|人気車種などが高額で

珍しいクルマを売りに出したら、予想以上の高値で買ってもらえました。相場よりも高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットでチェックしたところ、そのページの情報では予想に反して、珍しい車は高値で売れやすいと書いてありました。他の情報では、よく見かけるような車や人気車種などが高額で買い取ってもらえるとありました。但しその理由は特に外国においての話でした。

今日本の車は海外で喜ばれます。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。日本人の私は、日本の自動車は世界レベルと言い切れます。

今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、もしかして外国に持って行くのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。海外でなくても良いので使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放す寂しさもあるのですが、買い取り価格のことや新たなオーナーを思い浮かべるのも好きです。もしも可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所で毎日いるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

もしかして外国かもしれませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。車を売り渡すときにはクルマを買いたいとするお客さんもいて、欲しいと不要がバランスよくなっているのでしょう。

豊かな日本において、これからも質の良いクルマたちが求めている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.