車売却時期|この車の相場というのが判らないので

長年使用した自動車を売ってしまうときが来ます。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて台数をへらして経費の節約を図るというのが目標だったので、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。もちろん査定料は無料です。誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私にはこの車の相場というのが判らないので、2社にお願いすることにし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、色々と入力し送信していました。査定額の結果は71万弱。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら上司に相談するので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではとても難し額ですと帰られてしまいました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万円でどうですかと連絡が来たので、その業者に売ることにしました。

車売却時期|影響はなかったようです

これまで乗っていたクルマは、ボンネット部分が薄白く見えていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロ車に感じてしまいます。洗車も一応しましたが査定に持って行った所、やはりボンネットのあの部分が査定額に影響を与えるという事を聞きました。カーショップのようなところに行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、ボディの艶を出すような商品を店員さんに教えてもらいました。すぐにそれを使ってみたところ、艶が出ていい感じになりました。親父からは新車にしたのかと言われた程です。

再び買い取りのための査定に出したところ、前回よりも査定額がアップしました。年数も経っている車なのでどんな結果になるのか心配でしたが、思いよりも高く査定してくれたのでよかったです。気にしていたあの部分も影響はなかったようです。白っぽく感じた色も前の色に戻すこともできたし、それまでよりもより一層ピカピカにすることが出来ました。

車買い取りを利用する時は、車の艶を出しておくなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディカラーが気になる場合は、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定見積もり額にも影響あると思います。査定見積もり額のアップと輝きを出すためのアイテムの費用とを計算してみて、損しないと思ったらやってみましょう。千円くらいの出費があっても、数万円の差が出るならいいですよね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.