車売却必要書類|良く比較してみて

前に乗っていた車は、ボンネットのところが薄白く見えていました。ボディの色は濃い目だったのですが、白い部分が妙に目だちやけにボロボロな車に感じてしまいます。洗車をしてから査定してもらいに伺ったところ、ボンネットのところの色が見積もり査定額に響いてしまうそうです。

ならばとカーショップに行って目立っている白い部分を戻せないか考えていたところ、艶を出すことができる商品がありました。すぐにそれを使ってみたところ、とてもピカピカになったのです。隣のおじさんにはプロにやってもらったのかと言われました。

再度車買い取りの為の査定に出したところ、思いのほか高額査定となりました。古いものでもありましたからどうなるのかと思っていましたが、思ったよりも高く評価が出てよかったです。ボディの色なども問題なかった様子でした。白っぽく感じた色も前の色に戻すこともできたし、それまでよりもピカピカにすることができたのが嬉しかったです。

クルマの査定を受ける前には、できるだけボディを綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額に変化が出る事も有ります。査定価格の上昇と艶を出すためのワックスなどの費用とを良く比較してみて、オトクになるようであればきれいにするのも良いでしょう。今回は1,000円くらいの出費で、査定額は数万円アップしました。

車売却必要書類|約50万円を半年で

今回車買い取りをしてもらった車は昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良さげな中古を探していたところ、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。

しかしその後、喜んで乗っていたのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で買い替えを考えました。まずは近隣の中古車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よくて相場以下の20万円らしいです。

私は約6ヶ月前にこの車を約70万で購入したのです。単純に計算すると、約50万円を半年で財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、友人が売っていた知名度のある買い取り店に無料査定を依頼しました。査定の結果としては、26万円で買い取っていただきました。2社の比較ですが6万の差が生まれるようです。しかし44万円のマイナスには違いないですし、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く売ることになったかもと思うとまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを引き取るような準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日来てくれた際には輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売却するつもりならば、ハナから言っておくべきだと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.