車売却プランナー|見積もり査定をお願いしました

長い年月使用した車を手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、買い替えせずに所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的だったので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、平均的な走行距離です。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。でも素人には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、いろいろな項目に入力し送信していました。査定価格は71万でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、その旨を伝えると会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと撤退されてしまいました。その直後に最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

車売却プランナー|やめる方向とし買い取り専門店に

新型モデルの登場と同時に、旧型になるマイカーを売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りに出す前提でしたが、期待した査定額とは離れており、買い取り業者と比べると15万くらい安くなりそうでした。

これまでもディーラーの下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差におどろきました。結局下取りはやめる方向とし、買い取り専門店に売却しました。

実際車買い取りサイトなどで比べてみたところ、査定金額に大きな開きがありました。6つの業者で査定してもらいましたが、30~76万まで査定額にバラつきがありました。当初は最高額の業者さんにお願いすることも考えましたが、買い取りサイトには3社程度は訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていました。

3社での見積もりが必要な理由は、査定士さんが目視することで、査定額がハッキリと判ります。ネット上では概算は判りますが、目安的なものであり確定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。

売却手続きまで含めて1時間程度と言われたので、集中的に出来る日に査定してもらうことになりました。目視での査定の結果、概算査定額2位の買い取り業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高金額を出してきました。比較サイトでは70万未満の査定額だったのですが、5万以上高い業者が存在したことを匂わしてみると、78万円まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.