車売る 注意点|目的だったので中古車買い取りを専門としている業者に

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。寂しい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく台数をへらして経費の節約を図るというのが目的だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。この車は新車で購入し、1回目の車検後1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。もちろん査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。でも素人にはこの車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、66万円という査定額でした。昨日の査定が70万円だった事、私の希望額は80万と伝えてみたけど、なかなか難しそうな感じで白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、そこで決めました。

車売る 注意点|複数業者の査定を受けたので

就職が決まったお祝いとして、両親から車をプレゼントされました。大学を卒業し会社へ行くようになってからは、このクルマに乗って毎日通勤していたのです。ところが本社へ転勤する事が決まり、クルマの処置をどうするかで頭を悩ませてしまいました。

地方であればクルマは、必須アイテムです。でも電車などが網羅されている都会においては、車が仮になくってもさして生活に影響や支障はありません。車を持てば駐車場代や維持管理費用もあるので、お金的な負担が重くなりそうなので思い切って売却して貰う事にしたのです。

そこで自宅周辺の、大手買い取り業者さんのお店があったのでそちらに車を持って行って、査定してもらいました。結果は予想をはるかに下回る査定額がつけられ、思わず落胆してしまったのでその場では申し込まずに、他で高く買ってくれるところを調べてみることにしました。

するとネットで査定サイトがあるようなので、早速査定してもらう事にしました。車種名やグレード走行距離などを入力し検索すると、複数の業者が表示され査定額を出してくれます。一括で申込できるので、手間を掛けずにできるのは魅力です。こうして調べてみましたが、希望以上の高値だった買い取り店があったので、そこへ売却する事にしました。複数業者の査定を受けたので売れた金額は大きな差がありましたので、ネットの一括査定サイトを使ってホント良かったです。交渉もできたので、思っていた以上の高額で引き取ってもらえました。車を買い替えるなどあれば、ネットの無料一括査定サイトを利用することをオススメしたいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.