車売る 日数|車査定買者とくらべてみても

新型モデルの登場と同時に、今のクルマを売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、車査定買者とくらべてみても15万程度も離れた額になるところでした。

これまで下取りだけしかやっていませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その査定額の差にビックリしました。こういった現実を知った以上下取りはやめる方向とし、買い取り専門店に引き取ってもらうことにしました。クルマの一括査定サイトなどで比べてみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。7社に査定してもらいましたが、31万円から76万円まで金額に上下が大きかったです。最初は76万の業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトを参照すると2-3社には出張査定を受けたほうが良いですよと書かれていました。

3社に見積もりを出す理由は、実際に目視による査定を受けることで、はっきりした査定額が判ります。ネット上でも概算額はわかりますが、参考的なものであり詳細は実車しだいです。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。

査定に必要な時間は1時間くらいと言われていたので、土曜か日曜にまとめて査定見積もりをしてもらいました。出張してもらっての査定の結果、サイトで見た査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを追い抜いて、最高の査定額を提示してくれたのです。サイト内では70万を下回る査定金額だったのですが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、78万弱までアップしてくれました。

車売る 日数|もちろん海外でなくても

珍車を買い取り業者に出したところ、かなりの高額で買い取って貰えました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。よく見かける車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べてみたところ、そのページの情報ではその通りで、珍しい車は高値で売却しやすいとありました。他の情報では、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で買い取ってもらえるとありました。但しその理由は海外輸出向けみたいですね。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本の車は世界一と信頼を置いています。今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、これはもしかすると海外で使って貰えるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろん海外でなくても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、乗ってきた車を手放さないといけない寂しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや次の運転手を妄想する楽しさもあります。もしも可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。もしかして外国かもしれませんが、何れにせよ大切な記憶がぶり返してきます。車を売り渡すときにはクルマを買いたいとするお客さんもいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。

日本では、これからも上質な車が欲しい人に譲られていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.