車売る 共通点|新車にしたのかと

前に乗っていた車は、ボンネットのところが白くなっていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白さが目立って安っぽい感じの車に感じるのです。一応洗っては見ましたが査定に持って行った所、やはりボンネットの白さが査定価格に影響すると聞きました。

カーショップに行ってボンネットの色を戻せるものはないかなと探していたら、艶を出すことができる商品を店員さんに教えてもらいました。すぐにそれを使ってみたところ、とても綺麗になりました。親父からは新車にしたのかと聞かれたほどです。

もう一回査定に出したところ、前回よりも金額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどう出るかと思いましたが、希望よりも高く評価されました。無論色についても何ら指摘される事はありませんでした。白くなってしまっていたところも周りの色に馴染ませられたし、これまでよりもそれ以上にピカピカにすることが出来たから良かったのかなと思います。

クルマを売る前には、車を掃除するなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディカラーが気になる場合は、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定額が上がるかもしれません。査定額がアップすることと艶を出すためのアイテムの費用とを比較してみて、お得そうだったらやってみるのもアリです。私は1000円の投資で、数万円の差が出るならいいですよね。

車売る 共通点|6万の価格差がありました

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を探していましたが、自宅から少し離れた町の中古車販売のお店にありました。

しかしその後、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで手放したくなりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても20万円が相場だそうです。私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も失ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた大手の買い取り業者に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万となりましたので買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万の価格差がありました。しかし44万円のマイナスには違いないですし、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く売却するはめになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。この状態で持っていくと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、自動車を運ぶような準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。もしも売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと反省しています。今度利用する場合には、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.