車売る 値段|どなたでも車を買取ってもらうときには

長年使用した自動車を手放さないといけない時があります。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。2台目として所有していた自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目的でしたから、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、過走行車でもありませんし、平均的な走行距離です。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。ただ素人の私には乗っている車の買い取り相場というのが分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、見積もりを出してもらい比較することにしました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してからデータ通信しています。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望額は80万ですから、そのようにハッキリと伝えたら上司に相談するので1日お待ちくださいとのこと。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万円でどうですかと連絡が来たので、喜んでOK出しました。

車売る 値段|日本人の特徴でもある

あまり出回っていない珍車を売却したら、なぜか高額査定となり買い取って貰えました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べてみたところ、ある情報ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく売却しやすいとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるそうです。それは海外輸出向けみたいですね。

日本の自動車は海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私の考えも、日本の車は世界レベル以上と思っています。

今回売った車も国産の車ですが、この車も外国で使ってもらえるのかもと思ってみると夢が膨らみます。もちろんそれが国内で使ってもらえるのはいいですね。

車を売却する時は、乗り慣れたマイカーを手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の乗り手を想像する楽しさがあります。可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、考えるとワクワクします。

海外か国内かもわかりませんが、どこにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときには複数の車を売りたいとするお客さんが来ていて、買いと売りがバランスよく上手く取れているものと思いました。

豊かな日本において、今後も自動車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.