車売るなら ラビット|ですが喜んで乗っていたのですが

買い取りしてもらったクルマは昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を探していたところ、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。ですが、喜んで乗っていたのですが、トラブルが次々発生し、わずか半年で手放すことになりました。まずは近隣の車買い取り業者に査定を依頼したところ、よくて20万が上限とのことです。

私はこの車を半年前に70万円で購入しました。計算したくもありませんが、6カ月で50万円も財産が目減りしたことになります。これは満足いくわけもないので、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。査定をしてもらった結果、26万円までアップし買い取っていただきました。地元と大手とでは6万円の差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いはありませんが、2社で査定しなかったら、さらに6万円も安く売ることになっていた可能性もあっただけに助かります。そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていませんでした。ですので、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売却するつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも注意したいと思います。

車売るなら ラビット|ボディに艶が出るような

前に乗っていた車は、ボンネットの一部分が白くなっていました。濃い色の車だったのですが、その白さが目立ってオンボロ車のように見えていました。洗車も一応しましたが査定をやってもらうと、やはりボンネットの白さが買い取り査定額に響いてしまうそうです。カーショップのようなところに行ってボディの色を戻す事は出来ないか見ていた所、ボディに艶が出るようなアイテムを見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、艶が出ていい感じになりました。親父からはプロにやってもらったのかと言わせるほどです。

もう一回査定をしてもらったところ、思いのほか高額査定となりました。古いものでもありましたからどうなるのか不安でしたが、想像以上に高く評価されました。勿論ボディの色に関しては問題なかった様子でした。白くなってしまっていたところも周りに同化できているし、今まで以上にキレイな感じにすることが出来ました。

クルマの査定を受ける前には、できるだけボディをキレイにしておくとよいでしょう。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額に変化が出る事も有ります。査定額のアップと艶を出すためのアイテムの費用とを良く比較してみて、損しないと思ったらやってみるのもアリです。私は1000円の投資で、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.