車下取り 科目|利用していませんでしたが

新型モデルの登場と同時に、買い替えのためにマイカーを売ろうと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りに出す前提でしたが、思いのほか安かったし、買い取り業者と比べると15万円位安い見積もりになるところでした。それまで下取りしか利用していませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを活用してみて、その金額差におどろきました。そんなわけで下取りはやめる方向とし、自動車買い取り店に売却する話となりました。

クルマ買い取りのサイトで比較検討したところ、査定金額の差が大きいことが判りました。7社に査定してもらいましたが、31万円から76万円まで金額がバラバラでした。最初は76万の業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトを参照すると3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書かれていました。3社に見積もりを出す理由は、実際に観てもらうことて、査定額がハッキリと判ります。ネット上では概算は判りますが、参考値でしかなく詳細は車によって異なります。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来てもらったのです。

査定の時間は1時間くらいと言われていたので、土日に集中的に査定を受けることにしました。査定してもらった結果、サイトで見た査定額2位の買い取り業者が1位の業者さんを上回り、最高額の見積もりを提示してくれました。サイト内では70万を下回る金額でしたが、76万円の業者が存在することを知らせると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

車下取り 科目|計算したくもありませんが

売却した車は昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、遠方にある知り合いの中古車屋さんで見つかりました。しかし、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、わずか半年で売ってしまうことになりました。試しに自宅の近くにある車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よくて20万が上限とのことです。

このクルマを私は6カ月前に総額70万で買いました。計算したくもありませんが、半年間で約50万も減らしてしまったということになります。これは満足いくわけもないので、前に車買い取りを依頼したこともある大手の買い取り業者に査定の依頼をしました。その結果、26万円で買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万円の差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、それ以上に安く売ってしまうことになったかもと思うとまだ助かったと言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりでしたが、査定のみのつもりだったみたいで、自動車を運ぶような準備をしていなかったようです。ですので、後日の引き取り時に輸送賃がかかってしまいました。もしもホントに売ってしまおうと考えているのなら、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.