車下取り 月間約|査定額をそれぞれ見積もってもらい

これまで使っていた自動車を手放す日はいつか来ます。寂しい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しみという気分でもあるでしょう。2台目として所有していた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。新車で買ったので、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年間1万キロ程度なので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。車の買い取り見積もりは2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料はもちろん無料です。どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。ただ素人の私には自分の乗っていた自動車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみたいなと思いました。

先に来た買い取り専門店は、査定をする方が車を一通り確認したのちノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しデータ通信しています。査定価格は71万でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それを伝えると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。その後すぐに先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

車下取り 月間約|簡単に艶を出す事が出来る

以前乗っていた車は、ボンネットの目立つ部分がなぜか白くなっていました。濃い色の車だったのですが、その白さが目立ってオンボロ車のように見えてしまうのです。洗車をしてから買い取り査定してもらうと、やはりボンネットのあの部分が査定金額に影響があるようです。

ショップに行って何とかボディの色を戻せるものはないかなと探していたら、簡単に艶を出す事が出来る商品がありました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。隣のおじさんには新車にしたのかと言われた程です。再度車買い取りの為の査定に出したところ、前回よりも金額がアップしました。古いものでもありましたからどうなってしまうのかと思っていましたが、思いよりも高く査定してくれたのでよかったです。無論色についても何か言われることもありませんでした。白っぽかったあの部分も元々の色に戻す事が出来、これまでよりもそれ以上につややかにする事が出来ました。車買い取りを依頼する時には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておきたいですね。ボディカラーが気になる場合は、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定金額に影響するかもしれません。査定額がアップすることと輝きを出すためのグッズ代と手間を計算してみて、損しないと思ったらきれいにするのも良いでしょう。私の場合は1000円弱の出費によって、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.