車下取り テクニック|そのまま買い取ってもらう

売却した車は昨年の暮れに中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に憧れていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで質の良い中古車を近くで探しましたが見つからず、遠方にある知り合いの中古車販売のお店にありました。しかしその後、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年で手放したくなりました。試しに自宅の近くにあるクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万円が相場だそうです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。これを計算すると、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった大手の買い取り業者に査定してもらったのです。その結果、26万円となり引き取ってもらうことができました。2社の比較ですが6万の差が生まれるようです。

それでも44万減った事実に変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売却するはめになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうと思っていましたが、査定だけと思われていたようで、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。その為、後日来てくれた際には別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に売るつもりならば、最初から言っておけばよかったと後悔しています。今度利用する場合には、そのことも覚えておこうと思います。

車下取り テクニック|所有する車の台数を減らして

これまで使っていた自動車を手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。たまに使っていた自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。中古ではなく新車で購入し、1回目の車検後1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいものです。ですが素人には乗っている車の相場がまったく判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれ査定額を出してもらい比較することにしました。

最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、色々と入力し通信をしていたようです。査定価格は71万でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、なかなか難しそうな感じでバンザイされてしまいました。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.