車下取り チェック|比較してみることにしました

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマが楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目的だったので、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、多いわけでもありません。自動車の査定は2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。誰だって車を買い取ってもらう時は、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいと思うと思います。ですが素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

車下取り チェック|自動車を買い取ってもらうときは

あまり出回っていない珍車を売却したら、なぜか高額査定となり買い取ってくれました。思っていたよりもかなり高く売却できました。馴染みの深い車や人気のある車が高いものと思っていました。ネットでチェックしたところ、そこの情報ではその通りで、珍しいクルマは高く買い取るとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気車種が高値で売れやすいとありました。それは特に外国においての話でした。日本の自動車は海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も日本製の車ですが、もしかすると海外で使われるのかもしれないと思うとワクワクした気持ちになりました。それが国内であっても活かされるのなら嬉しいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、慣れ親しんだクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。もしかすると海外かもしれず、いづれにせよ子供の旅立ちのような感じです。車を渡す時にはクルマを買いたいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスがなっているのでしょう。

日本では、今後も良質な中古車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車買取一番高く売るには一括査定 All rights reserved.